HOME >  KSP参加企業 > 富士金属株式会社

KSP参加企業

過去の常識にない物創り

富士金属株式会社

「過去の常識にない物創り」を通じて、お客様及び社会の発展に貢献する

「過去の常識にない物創り」を通じて、お客様及び社会の発展に貢献する

当社は1950年に創業し当初スプリングの加工などおこなっておりましたが、その後ジューサーカッターの歯の
プレス化、伸縮物干し竿の開発、石油ストーブのタンクキャップの開発など過去の常識にとらわれず、
新しい事にチャレンジして参りました。
トランスファープレス機導入後は深絞りプレスのVA/VEの研究に取り組み、横向きパイプ一体化
などにより1998年には大手自動車メーカーとの直接取引を開始し、2014年1月に稼働を開始した
インドネシア工場からグローバルに部品供給できる体制を整えました。

■私達がお応えできること

超深絞りプレス加工

全て1枚の平板から、トランスファープレス機による深絞りプレス加工にて製作いたしました。

超深絞りプレス加工   超深絞りプレス加工   超深絞りプレス加工   超深絞りプレス加工
2本同時絞り加工   アクチュエーター カバー
ロー付け廃止 複数部品一体型
  カバー
ロー付け廃止 複数部品一体型
  冷却系SUS
シームレスパイプ
▲
ロー付け廃止で複数部品で
あったものを 一体成型。
  ▲
パイプそのものが不要となり構成部品の削減とリーク検査の廃止、リードタイムの短縮でコストダウンが計れます。
  ▲
3部品の一体化。
  ▲
コイル材からのプレス化によるバルジ付パイプの加工。切削レスで加工精度50ミクロンの公差を実現。
             
インコネル   超深絞りプレス加工   超深絞りプレス加工   超深絞りプレス加工
インコネル
  継手パイプ
  異形深絞りの例   逆絞り加工の例
▲
特殊材料も絞れます。
  ▲
コイル材からのプレス化によるバルジ付パイプの加工。切削レスで加工精度50ミクロンの公差を実現。
  ▲
異形部分の難しい
ロー付けを廃止し、一体化。
  ▲
逆絞り工法により、
複数部品を一体化。
             
超深絞りプレス加工   超深絞りプレス加工   超深絞りプレス加工   超深絞りプレス加工
アルミ・ステンレス 深絞りケース   深絞り加工+転造ネジ加工
  エアバッグ用リフレクター
深絞り加工+プレス横穴加工
  極薄深絞りプレス加工
▲
角筒ケースも深絞り
プレス加工にて製作
  ▲
深絞り加工の後、
ネジ加工も一体化しました。
  ▲
コイル材からのプレス化と横穴あけ加工をトランスファープレスで
連続加工。
30個/分以上の加工で
コストダウン。
  ▲
SUS0.3mmの薄板を
高さ110まで絞る
             

超深絞りを可能にするオンリーワン金型技術

独自のノウハウである金型の設計・開発を自社で行っております。



■設備について

●プレス設備

600トン~ 鍛造プレス機 1台
500トン~300トン トランスファープレス機 7台
200トン~100トン トランスファープレス機 17台
100トン油圧プレス機 1台
50トン トランスファープレス機 10台
サーボプレス機 1台

●金型製造設備

・マシニングセンター 3台
・NCフライス 1台
・NC旋盤 2台
・ワイヤーカット機 2台
・円筒・平面研磨機 3台
・その他金属型加工設備 15台

●検査設備

・三次元測定器 1台
・真円度・円筒度形状測定器 1台
・輪郭形状測定器 1台
・表面粗さ測定器 1台
・Φ500大型投影機 1台
・デジタルハイスコープ 1台
・エアマイクロ、電気マイクロ、  
 シリンダーゲージ、ダイアルゲージ、他  

加工ライン

加工ライン

■工場について

会社名 富士金属株式会社
本社住所 〒561-0807
大阪府豊中市原田中1-12-3
TEL 06-6854-8651
FAX 06-6853-6651
事業内容 トランスファープレスに
よる超深絞りプレス加工、
精密絞り加工、VA・VE
提案など
代表取締役 山中 芳
従業員数 65名(国家技能検定合格32名)
会社設立 1950年06月
会社施設
本社 敷地 8,500m2
敷地 5,100m2
PT. FUJI KINZOKU    
INDONESIA 建物 2,400m2


主な取引先 ・大手自動車メーカー及び
 自動車部品メーカー
・大手家電メーカー

本社事務所・工場

本社事務所・工場

金型工場

金型工場

インドネシア賃貸工場

インドネシア賃貸工場

富士金属株式会社のWebサイトはこちらから

お問合せ